膝の痛み

靭帯損傷  膝関節には、内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯)、後十字靭帯などの靭帯があります。
これらの靭帯は関節を連結しているだけではなく、関節の動きを制限し安定させる作用と、関節運動を誘導する作用があります。
靭帯に交通事故やスポーツなどで非常に大きなストレスがかかったときに、引き伸ばされたり、断裂すると、関節が不安定になってしまいます。
不完全に治癒した場合は、痛みや不安定性が残るだけではなく、二次的に変形性関節症を引き起こしやすくなります。

靭帯損傷 半月板損傷

  • 転んだ、ぶつけた、捻った

変形性膝関節症

  • 高齢である
  • O脚で、歩き始めが痛い

オスグッド・シュラッター病

  • 成長期の子供に多く、脛の上部に痛みが出る。

足の痛み

骨折 捻挫

  • 転んだ、ぶつけた、捻った、高いところから落ちた

疲労骨折

  • 激しいスポーツをしている(練習量が増えた)
  • スネ・足の甲が痛い

アキレス腱炎

  • アキレス腱が痛い
  • ふくらはぎの筋肉が硬い

外反母趾

  • 足の親指が内側に曲がっている
  • 足の親指の付根が痛い

足底筋膜炎

  • 足の裏が痛い
  • 体重負荷時・歩行時に痛い

足根管症候群

  • 足首の痛みと足の裏からつま先への痺れ

扁平足

  • 足が疲れ易い
  • 足の裏が痛い
このページの先頭へ