交通事故診療

ご存知ですか?
交通事故の治療費は 無料 なのです!!

あなたがお持ちの保険証を使うのではなく、『自賠責保険』を使い、治療費の全額がこの自賠責保険から出される為、患者様のご負担額は『無料』なのです。

1. まずは警察へ交通事故の届け出を・・・
加害者はもちろん、被害者からも届け出る事が必要です
(特にケガを負った場合は「人身扱い」の届け出が重要です)
2. 相手(加害者)の情報を収集
相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります)
3. 現場での目撃者を確保
万が一、相手方とトラブルになった際などに第三者の意見は効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば、協力を得て、証言をメモしましょう。氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう
4. 現場の記録
事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です
5. 病院にて医師の診断を受ける
交通事故の治療には医師の診断が必要です
6. 保険会社へ、整骨院での治療を希望する旨をお伝えする
保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります
交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、窓口負担はありません
もし交通事故に遭ってしまったらどうしたらいいのですか?
まずは警察に届け出を出しましょう
※自賠責保険、任意保険どちらも事故証明が必要となります
他にも以下の情報を控えましょう
◆加害者の氏名、住所と連絡先
◆車の登録ナンバー
◆任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名
保険会社が、治療する医療機関を決めるものなのですか?
どこの医療機関にかかるかは、ご本人が決めることです
通院先の、医院名と電話番号を伝えれば、あとは保険会社と医院が相談します
相手方の、保険会社が薦める医療機関に行くべきなのでしょうか?
治療を受ける医療機関を選ぶのは自由です。ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば保険会社は速やかに手続きをする義務があります
加害者が保険に入っていないと言っていますが?
車を所有している方であれば、強制保険(自賠責保険)に入っています
任意保険に加入していない人はいます
治療費は?
交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、窓口負担はありません(ゼロです)

ご不明な点は当院にお問い合わせ下さい TEL:048-964-5600

このページの先頭へ